信州FM
信州FMモバイル




オコジョの散歩道

■孫と初めての「あぐりの湯こもろ」 今年の初温泉 ・・・(01-11 07:38)
 
1
厳冬の雰囲気の厳しさを見せる浅間山・・・



2
苺狩りのあとは「あぐりの湯こもろ」で温泉・・・

3
こんな風景を見ながら、孫と露天風呂・・・

孫は大きなお風呂に大好きな叔父さんと入れて嬉しそうでした。

5
いちご狩りのころは曇っていた浅間山も、温泉に入っているうちに姿を現しています。

6
アップしてもう一枚。

7
小諸の町の西側・・・
浅間連峰の山麓のです。佐久平側や御牧ヶ原は平らですが、浅間山麓側は坂道だけといっていいようです。田は棚田、畑は段々畑です。

浅間山麓側は日当たりが良く、雪は見当たりません。もっとも、林の中にはうっすらと雪がありそうですが・・・

1000mを越えると、雪があります。

信州というと雪国を想像されるようですが、こちらの冬は冬型ですと、晴れて雪は降りません。

10
でもあぐりの湯は北斜面・・・

日が当たらないのでこんな感じです。これも大したことはありません。

8
そして食事・・・
苺の食べ過ぎで、メニューは軽めでした。天ざるが多かったですね。ジイジと孫はざるそば・・・

孫は半分も食べられませんでした。

9
長門牧場のアイスクリーム・・・

こういうものは別腹ですね。

11
浅間の山々の御挨拶・・・

登場済ですが、やはり浅間山・・・
ここから見えるのは前掛山 2524.0mで、中央火口丘の釜山2568.0mは、前掛山の右端にほんの少し見えています。
手前の右端は外輪山の剣ヶ峰(2281m)・・・

13
前掛山釜山
この日は真っ白な煙を吐いていました。

12
牙(ぎっぱ)山2111m・・・

浅間山系で一番険しい山です。登山道のないバリエーションヴァリエーション、反対側から、自分でルートを探して灌木の生えたい岩場を登るのですが、そうしたことが好きなものには楽しめる山ですが、ザイルの必要な岩登りの範疇に入る山です。今は登山禁止区域に入ります。若いころルートを変えて単独で3回登ったことがあります。懐かしい若い日の思い出です。

16
黒斑山(2404m)・・・

今は日本百名山の浅間山火山の前掛山は登山禁止ですので、代理のあさまやまとなっています。

17
三方ヶ峰(2115m)水ノ塔山(みずのとやま2202m) ・・・

19
水ノ塔山・・・

今一番白銀に輝いている山です。

20
あぐりの湯の前の公園・・・

21 (1) 21 (2)
孫は青森育ち・・・

来る時は積雪が50センチ位あったそうです。でもまだ真冬に較べると多いとは言えないようです。

今年は多いそうです。青森の雪の量は年によって違いますが、平均すると年間降雪量6mや、最大積雪量1mで札幌より多く都道府県庁の中で、降雪量や、最大積雪量は日本一だそうです。というより、世界の30万都市の中でも最も多いようです。

孫は、このくらいの雪は何でもないようで、タクシーを待つ間斜面を登ったりして遊んでいました。

22
子供は元気です。

トートは大変です。

50
「あぐりの湯こもろ」の上の浅間山・・・

帰る頃はすっきりと晴れてきました。


コメント(6)・トラバ(0)

前へ 一覧へ 次へ


信州FMモバイルトップ
(C)信州FM