信州FM
信州FMモバイル




佐久便り

■クルマバッタモドキ(09-12 17:00)
クルマバッタモドキ(車飛蝗擬)は、荒れ地などの草丈の低い場所や海岸の砂地などに生息し、褐色型と緑色型がいますが、褐色型がほとんどです。胸部の背面にはX字型の白い紋があり、褐色と薄灰色をした斑模様のバッタで、イネ科などの植物の葉を食べています。バッタの名は、クルマバッタによく似ていることから付きました。

クルマバッタモドキ
: バッタ目バッタ科トノサマバッタ亜科
: 本州(東北地方南部から)・四国・九州
: 体長 雄32〜45mm 雌55〜65mm

クルマバッタモドキ1-1
クルマバッタモドキの雌 (9月6日、佐久市で撮影)

クルマバッタモドキ1-2
クルマバッタモドキの雌 (9月6日、佐久市で撮影)

クルマバッタモドキ1-3
交尾中のクルマバッタモドキの雌(手前)と雄 (2016年8月25日、佐久市で撮影)

クルマバッタモドキ1-4
緑色型のクルマバッタモドキ (2012年10月11日、佐久市で撮影)

コメント(0)・トラバ(0)

前へ 一覧へ 次へ


信州FMモバイルトップ
(C)信州FM