信州FM
信州FMモバイル




佐久便り

■ベニシジミ(09-14 17:00)
ベニシジミ(紅小灰蝶)は、田畑や人家の周辺に生息し、地面の近くを飛び、春一番に出現するシジミチョウです。前翅の表には黒褐色の縁取りと赤橙色の地に黒い斑点があり、後翅の表には黒褐色で翅の縁に赤橙色の帯模様があります。翅の裏は、表の黒褐色部分が灰色に置きかわっています。

ベニシジミ
: シジミチョウ科ベニシジミ属
: 北海道・本州・四国・九州    
: 大きさ(前翅長) 13〜19mm
: 幼虫の食草 スイバ、ギシギシなどのタデ科植物

ベニシジミ1-1
フジバカマで吸蜜するベニシジミ (9月9日、佐久市で撮影)

ベニシジミ1-2
フジバカマで吸蜜するベニシジミ (9月9日、佐久市で撮影)

ベニシジミ1-3

ベニシジミ1-4
ヒメジオンで吸蜜するベニシジミ (6月26日、佐久市で撮影)

コメント(0)・トラバ(0)

前へ 一覧へ 次へ


信州FMモバイルトップ
(C)信州FM