信州FM
信州FMモバイル




アカの健康おもしろ日記

■頑固な肩こりも首の痛みも煩わしい!本当に苦しい!速効で解消で(01-23 21:38)

嘘っぽいと思われるかもしれませんが、痛みを和らげる薬が気休め程度の効果しかなく、長きにわたって大変な思いをした腰痛が、整体院に治療に訪れたことで劇的に快方に向かったという事実があるということです。

頚椎にできた腫瘍に神経あるいは脊髄が強い圧迫を受けているケースでも、首の痛みが自覚できるので、首を動かしていないのに痛み続けるのであれば、なるべく急いで詳しく検査してもらって、しかるべき治療をしてもらってください。

頑固な肩こりも首の痛みも煩わしい!本当に苦しい!速効で解消できるものならしたい!そう願っているならば、ひとまず治療の方法を調べるより大元の要因を明らかにしましょう。

頚椎ヘルニアと言われたケースで、その症状自体が上腕に達する放散痛が主訴だとすれば、手術は用いないで、別名保存的療法と称されている治療法に頼ることを原則とするそうです。

坐骨神経痛と呼ばれる神経痛の治療では、治療のスタートから外科手術をすることはあまりなく、投薬あるいは神経ブロックで思わしい結果が得られなかったとか、排尿や排便がコントロールできない膀胱直腸障害が起こっている場合において考慮されます。

外反母趾の治療をするなら、まずもってしなければならないのは、足に対応した外反母趾専用インソールを仕立てることで、そのおかげで手術療法まで行かなくてもよくなる嬉しい事例は沢山あります。

外反母趾の治療方法である筋肉を鍛える運動療法には、もとからその関節を動かすことになっている筋肉を利用して自ら動かせる範囲内で関節を動かす自動運動と、関節とは無関係の筋肉や、専門の運動機器、作業療法士や理学療法士のような専門家等、外力によって自分で動かせない関節を動かしてもらう他動運動の2種類があります。

病院のような医療提供施設においての治療は、坐骨神経痛が出現した主な原因や症状によって対症療法を実施することが通常の形ですが、一番重要なポイントは、常日頃痛みのある場所にちゃんと気を配ることです。

整形外科などの医療機関で治療してもらった後は、何気ない日常動作で姿勢不良を直したり腰や下肢の筋肉を増強したりなどと言うことを続けないと、一度発生した椎間板ヘルニアの苦しみは解消することはありません。

そこまで心の底から思い詰めることなく、とにかく少し離れた温泉宿を予約して、ゆっくり過ごしたりすることにより、背中痛から解放されてしまう人も見られるそうです。

鍼を利用した治療を受けてはいけない気をつけるべき坐骨神経痛として、妊娠により子宮内の胎児が骨盤の中の坐骨神経を圧迫するためなってしまうものがあり、この状態に鍼をすると、流産になる可能性があります。

疾患や加齢によって背骨が湾曲してしまい俗にいう猫背となると、人間の身体の部位で一番重い頭部が重心よりも前に来るため、それを受け止めるために、首や肩に負担がかかり、消耗して長期化した首の痛みを知覚するようになります。

しつこい膝の痛みは、必要とされる休憩をはさまずに過剰な運動を延々続行したことによる膝の使い傷みや、不可避の出来事による急な負傷で生じるケースがあるので気をつけなければなりません。

日本人の国民病とも言われる腰痛は、その人その人で発生に至った要因も症状の重さも全く異なりますので、個々の要因と痛みの度合いを正しく知った上で、治療の方向性を決めないというやり方はリスクが高いといえます。

麻酔や出血、長期にわたるリハビリや後遺症への心配など、現行の手術方法への様々な悩みを解消したのが、レーザー光線を使ったPLDDと呼ばれる術式での椎間板ヘルニア治療です。




コメント(0)・トラバ(0)

前へ 一覧へ 次へ


信州FMモバイルトップ
(C)信州FM