信州FM
信州FMモバイル




ハッピータウン

■赤ちゃんの体温調節(06-12 20:59)
赤ちゃんは眠くなってくると、手のひらが温かくなりますが、これはどうしてなのでしょう。

大人と赤ちゃんでは熱を体の中で作るとか外へ逃がしたりする場合、仕組みが違っているみたいです。

大人は寒いと筋肉を震わせることによって体の中で熟をつくり、暑い場合は汗をかいて熱を放熱しています。

これにたいして赤ちゃんの場合は、左右の肩甲骨の間に脂肪がためられていてそれを燃やして熱を発生させることで血管を拡張させ全身に熱を送って体を温めるのです。

体温が上昇したときも血管を拡張させることで放熱します。

このどちらの場合も赤ちゃんの手のひらは温かくなります。

そして、快適な体温になったところで眠り始めるというわけです。










前へ 一覧へ 次へ


信州FMモバイルトップ
(C)信州FM