信州FM
信州FMモバイル




東信ジャーナル[Blog版]

■◆長野県腎臓病患者連絡協議会が「臓器移植普及推進月間」にちなみ「街頭啓発キャンペーン」を行う! 長野県 上田市(10-12 20:25)
臓器移植推進街頭キャンペーン JA上田お城口 2018
【キャンペーンする県腎協】

 県腎臓病患者連絡協議会は10月1日から31日まで「臓器移植普及推進月間」にちなみ「街頭啓発キャンペーン」をこのほど行った。


 上田駅前では患者、家族、会員、医療関係者ら約20人が幟旗を立て「誰かのためにできること みんなで意思表示の輪を広げよう」と書いたティッシュ800個を通行人に配布し、臓器移植、献腎移植の理解を訴えた。
上田市天神のアリオ上田でも行った。

 移植医療は移植でしか治療できない患者と、臓器を提供してもよいという人とを結ぶ医療。
 献腎移植では2013年、2014年提供件数が減少したが、2015年増加、脳死下からの臓器提供で初めて100件を超え以後微増となっている。

 同協議会では「死後、自分の意思が反映されるため『臓器提供意思カード』に記入し、携帯するなど腎臓を含む臓器提供への意思表示の機会にしてほしい」と訴えている。


前へ 一覧へ 次へ


信州FMモバイルトップ
(C)信州FM